2009年09月20日

子猫の里親決定と正式譲渡

みなさん、こんにちは〜。

いつもたくさんのコメントと応援ありがとうございます。
毎回楽しみに読ませていただいてます。
お返事は訪問・応援にかえさせてくださいね。
初めての方でもお気軽にコメント残していってくださいウサギ





昨日はお昼頃、私の術後の経過をみせるため
病院へ行きました。


その前に、冷蔵庫の中に冷やしておいた梨が
食べごろを過ぎてしまいそうだったので
パパさんと一緒に2人で2個頑張って食べる事にしました。

私たちが食べてる様子をじーっと眺める2匹犬(笑)犬(笑)

まあ、いつもの事ですが・・


09092006.JPG


可哀そうなのでちょっとだけねるんるん


09092003.JPG


見せびらかすと・・


09092001.JPG

「早くください!」


09092004.JPG

09092002.JPG

09092005.JPG



満足したかい?



s1.png



この後、病院に行ったんですが
診察が終わって家に帰らず向かったのは名古屋車(セダン)


先日も記事の中でお伝えしたんですが
子猫ちゃんの里親を希望する方とお会いするためです。

ちょっと遅れたんですが、15時に約束の場所へ。


私の友人(Yちゃん)と私と、里親さんで
子猫ちゃんの現状や今後の事を話し合い
里親さんが今までも何度か野良猫を保護し
最期を看取るまで育てた事がある方で
小さな子供さんがいない事や
旦那様の協力が得られること
必ずワクチンや去勢をすると約束していただけた事などから判断し
子猫ちゃんをこの方に託すことに決定しました。

譲渡はいつがいいかという話になって
里親さんもシルバーウィークで
昼間のパートがお休みになるので
今日でも大丈夫だという事になりました。

(普段はパートで昼間4時間だけいませんが
旦那様が入れ替わりで家に帰ってくるので
家にはどちらかがいる状態だそうです)

早速、お世話していただいている病院に連絡し
子猫ちゃんを迎えに行くと伝え向かいました。

3人で車に乗り込み15分程度でついたんですが
私は初めて行く病院で
行く前に想像してた病院のイメージと
かなりかけ離れていたのでビックリしました。

病院といっても、家の隣の小さなスペースに開業してて
私たちが最初に入った病院の入口は
私はずっと裏口だと思っていたんですが
どうもそこが病院の正面入口だったのです。

入口をはいると動物病院独特の臭い・・
しばらくすると慣れてしまってたんですが
中は待合室もなければ、受付もなく
それどころか、先生や看護婦さんの姿もなくて
Yちゃんが「着きました」と連絡すると
ようやく家の方から先生が現れました。

もちろん私服。

あとでYちゃんに聞いたんですが
普段から患者(動物)が来ている様子はなく
今は主に保護した動物たちのお世話をしているようなんです。

入口を入ったすぐのお部屋には
保護された猫や犬、オウムまでいましたが
全部で10匹以上はいましたね。

圧倒的に猫の方が多かったんですが
中には体調を崩して起き上がれない猫もいました。

「この子は生きようと精一杯頑張ってるんだね」

そう私たちは言って、なるだけ刺激しないようにしました。

Yちゃんが保護した子猫ちゃんは
元気いっぱいミャーミャー鳴いていましたよ。

まだ3時間おきの授乳が必要な事や
おしっこやうんちはこっちで時間をみて刺激して
出してあげないといけない事
歯が生えてからの注意点などを説明され
里親さんもしっかり納得された様子。

書類等の手続がすんだら早速、譲渡へ。


09092008.JPG

09092010.JPG


Yちゃんから里親さんへ。


09092013.JPG

09092016.JPG


小さいのに人の事を全然怖がらず
とっても人懐こい子です。

Yちゃんもホッとし、私も里親さんも喜んでいると
外からいきなり無言で入ってきた方が・・

保護されてる動物たちを一通りチェックすると
こちらに来るなり
「この子、中途半端なことされたら死ぬからねexclamation×2
って、かなりキツイ言い方されたんです。

今まで緩んでいた私の表情も一変しました。


そう、前にも言いましたが
この子、まだ生後4週間くらいで
母親からの大事なお乳を飲んでないんです。

たぶん、ボランティアの方なんでしょう。

飼育経験のない素人では
死なせてしまったり飼育放棄をしてしまうんじゃないかと
心配して言われたみたいなんです。

あれくらい厳しく言わないと
可愛いだけで連れて帰られても
動物たちが不幸にしかならない事を知っているのです。


その後に里親さんに再度、しっかり確認をしましたが
きちんと面倒見ていただけるとの事で
里親さんを信じて、正式譲渡となりました。



s1.png


里親さんを家まで送り終わったら、もう17時すぎでした。


せっかくだったのでYちゃんと近くの喫茶でお茶する事に喫茶店


09092018.JPG


Yちゃんと動物保護の難しさについて語り合いました。

しばらくすると、Yちゃんが話しながら泣いてました。

子猫ちゃんと分かれた寂しさと里親が見つかった安心感。
それと・・
保護してまだ2日しかたってなかったんですが
里親を探すにあたって、いろいろ辛い思いもしたそうです。

自分が保護した子だけど、自分の家では飼えない。
でもこの子には幸せになってほしいから
どうしても片手間で育ててほしくない。
もちろん片手間で育てられるような状態ではないんですが
里親サイトでもらってくれる方を探してみたそうです。
いろんな方からの里親希望があったそうですが
中には、パートをしていて誰も面倒見れない時間があったりする方や
数か月前に子供が生まれたばかりの10代の夫婦だったり・・
「友達の友達の友達がほしいみたい」とか。

Yちゃんはすべての方たちとしっかり話し合いました。
里親サイトで希望してきた10代の夫婦は
一応、身内の協力を得られそうで、一度はこの方たちにって
思ったそうです。でも、子供が小さい事や
もしアレルギーが出ちゃったらどうするのかとか
子猫の幸せを思い、いろいろ質問したそうです。
そしたら、気を悪くされたようで
「里親サイトで募集かけといて
相手を疑ってみたり、譲る気がないのなら
最初からそういうサイトに載せなきゃいいじゃない!」
ってコメントが返ってきたそうです。

動物だって生まれてきた以上は幸せになってほしい。
動物も、私達と同じ重みのある命。
人間の子供がまだ生まれたばかりであれば
何かあったら優先順位は人間の子供が上だろうし
子猫が一番ではない。
子供の世話が大変な時期に
同時にいつ死ぬか分からない子猫を託せない。

それを理解せず一方的に怒る。

自分が面倒見てあげられない事も
Yちゃんを苦しめている原因にもなっている。

そして一番悲しいのは、こういう不幸なペットが
減らない原因を作っているのも人間だという事。


今回の件で、私も動物保護の難しさを知りました。
簡単に「ボランティアをやりたい」って言ってたんですが
まだまだ勉強が必要だと気づかされました。



長々と書いてしまってすみません。
もちろん異論もあると思います。



s1.png


あかねちゃん(私の友人で、里親さんの息子のお嫁さん)から
昨夜写メが届きました携帯電話


ismfileget.jpg

ミルク飲みながら寝ちゃったそうです眠い(睡眠)


これからも随時、連絡してくれるので安心ですかわいい



今日も最後まで読んでくれてありがとう犬(笑)犬(笑)

ランキングに参加してますウサギ

09092020.JPG

ニックネーム ようちん at 14:49| Comment(15) | TrackBack(0) | 動物保護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは(^^)
里親探しのボランティアは、そう簡単には行きませんね。
うちは、ラムを里親で引き取りましたが、
最初は、一時預かりのつもりでした。
ラムに里親さんが見つかれば、また次のワンちゃんを預かって…
そう考えていたのです。
でも、実際はそんなに甘くはなかった。
琴音の性格では、次々にワンコが変わるというのは難しいと思い始めたんです。
ラムは、幸いな事に、琴音と相性が良いので、引き取ることにしたんです。
里親会のボランティアをされているひかりママさんの話を聞いていると、Yさんと一緒です。
猫ちゃんのことを一番に考えて言っていることで、相手を怒らせたり…。
今自分にできることからやればいいのだと思います。
自分が無理をするということは、それだけ、可愛い我が子たちを苦しめることでもあるんです。
Posted by 琴音ママ at 2009年09月20日 15:50
ようちんさん、こんにちは☆

何度も何度も読み返してしまいました。
里親探しは、私が思ってる以上にすごく
難しいのが現状なんだと思い知らされました。
まじめにやればやるほど、難しくなることも。。
「誰でもひきとってくれればいいや」って思えば
話は簡単。
でもそういうわけにはいかなくて、ネコちゃんの
ことを思ってした行動が、相手を怒らせてしまう。。。
あまりにもつらい現状だったと思います。
Yさんもどれだけ傷ついたことかと思うと
つらくて目をそむけてしまいそうでした。。

ようちんさん、Yさん本当にお疲れ様でした。
Posted by ネェネ at 2009年09月20日 16:34
子猫ちゃんのお家が決まって良かったです。
ミルクを飲みながら寝るなんて、
安心したのでしょうね。

今日もまた沢山の命が奪われているのかと思うとつらくなりますね。
少しでも多くの子が人間の勝手な理由で捨てられたり、虐待されたりしないように祈るばかりです。  ポチリ☆
Posted by ママディ at 2009年09月20日 16:49
ようちんさん こんにちは。
お久しぶりです。
バーディーくんはいつ見ても仕草もお顔もチョコそっくりで思わず笑ってしまいますわーい(嬉しい顔)

術語の経過も良さそうで安心しました。
私もずーっと以前に怪我や外妊で全身麻酔経験ありです。
けっして無理しないでくださいね。

子猫ちゃん いい里親さんが見つかって良かったですね猫(笑)
私も小さな命を助けてあげられなく悔しくて涙した事があります。
ミルクを飲む可愛い猫ちゃんの姿をみて安心しました。
Posted by チョコママ at 2009年09月20日 18:38
ようちんさん こんばんはわーい(嬉しい顔)夜

ようちんさん、Yさん、色々お疲れ様でした。
里親探しって大変なんだな〜って読んでいて思いました。

『里親探し』をしなくてイイ日が来ることを願うばかりです。

梨・・・美味しそうに食べてるね犬(笑)るんるん犬(笑)

ポチっとひらめき
Posted by めぐこ at 2009年09月20日 18:50
術後の経過は良さそうですね(*'ー'*)

子猫ちゃん 新しいご家族に迎えられて
良かったですね!
里子に出すには少し早い時期だろうから
里親様への条件も細かくなってしまいますもんね。
お疲れ様でした。
Posted by ひまり at 2009年09月20日 19:04
ようちんさん、お疲れ様でしたm(_ _)m
ようちんさんの経過は問題なかったんですよね?
そうですね、里親を見つけるのって大変ですよね?
でも、お友達が悩まれたのは良く解りますよ。
辛い思いもされたでしょうが、良いご縁に恵まれて本当に良かったですね!
それに、ようちんさんがお手伝いされた事も心強かったと思いますよ〜
ご存じでしょうが、心配されてる方が沢山いらっしゃるので私の方でも
ご報告させて頂きますね!
ようちんさんも、良い経験になったようですね〜
☆☆
Posted by ぽち。 at 2009年09月20日 21:14
こんばんは♪
子猫ちゃん、新しい家族と暮し始めたんですね★
よかったです。
でも、里親探しって本当に大変なんですね。。。
子猫ちゃんのことを思って、いろいろ考えているのに、応募してきた方から、そんなことを言われるなんて、正直ビックリしました。
あとは子猫ちゃんが成長してくれるのを祈るばかりですね。
お疲れ様でした★

梨、美味しそうに食べていますね〜♪
ミッキーも大好きです★
ぽち☆
Posted by tomo-mickey at 2009年09月20日 21:29
ようちんさん、こんばんは〜
梨をパクリとお口に入れるクッキーちゃんとバーディーちゃん、
すっごくかわいいなぁ(*^_^*)
お写真に見惚れてしまいました。

保護ネコちゃん、しっかりとお世話してくれる
ステキな里親さんと出会えて、よかったですね。
これから元気に育って、幸せになってほしいなぁ。

里親さん探しは、ホントに大変なことなんですね。
でも、そのコの一生がかかってるからこそ、
細かいところまで念入りに確認しなければ、
ならないんですよね。
お友達はその気持ちが強いからこそ、
それが正しいにも関わらず
ツライことにも直面してしまったのですね・・・
でも、ようちんさんの存在が、とても心強かったことでしょうね。
お疲れさまでした。
誰より保護ネコちゃんが、一番喜んでると思います。
ポチ☆
Posted by IKKO at 2009年09月20日 21:59
一度でも自分が保護した子を人に託すというのはとても大変なこと。
疑いたくは無いけど、気になる事は一つ残らずクリアにしていく。
そんな感じでしょうか。
少しでも気に掛かることがあれば譲渡はしない。
それくらいに徹底しないとその子の生涯を任せることは出来ません。
それによって気分を害する希望者が居るのは事実です。
みぞも何度もそういう人と渡りあってきました。
でもね、ボラをしてる側から見ればそこまで突っ込んで聞いて当然なんですよ。
だって一つの命を託す重みを誰よりも何よりも理解してるんですから。
不必要に言葉厳しくする事はしなくていいですが、聞くことはしっかり聞いておかないとその子を託せるかどうかの判断なんて出来ませんもん。
Yさんの話した事は正しかったですよ。
特に猫ちゃんの場合はアレルギーが付きまとうからそこまできちんと話すのは当然の事ですもん。
色々と大変な思いをしたでしょうが、一つの命が幸せに導かれたんです。
とっても素晴らしいことですよね。
Yさん&ようちんさん、お疲れ様でした。
Posted by みぞ at 2009年09月20日 22:44
里親さんを探すのってホント大変ですよねぇ。。。
しっかりと見て譲らないと
その時だけの気持ちでって人
何人も周りにで見た事あります。
私は慎重になって当然だと思うけど。。。。ネットだと顔が見えない分
いやがいい方する方っているから。。。。

でも、とっても優しそうなご家族に引き取られてよかった。よかった。
これでようちんさんがしたかった
ボランティアへの第一歩にもなりますね。

でもでも、
体の方も大切にしてくださいね。
ぽちっとです☆
Posted by あいこまま at 2009年09月20日 22:47
こんばんわ!
里親探しって本当に難しいですよね・・・
10代の夫婦の方は心配になっても当然だと思います!
小さくたって命があって生きてるんだから!
やさしそうな里親さんに出会えてよかったですよね☆

本日、間に合わなさそうなので、
ポチ逃げでお許しください!!
また後でゆっくり遊びに来ます☆
Posted by 真美 at 2009年09月20日 23:52
ようちんさん、初めまして。
ぽちさんの所から飛んできました。

今までも時折覗かせていただいてはいました。
今回の保護ニャンちゃんのこと、本当にお疲れさまでした。

うちのマリンも放浪していた所を保健所に保護され、保護団体のボランティアさんによって保健所から出してもらえた子です。
マリンも、容姿から色んな方からの問い合わせがあったそうですが、どの方もきちんと飼っていただける感じではなかったそうで・・。
縁あって我が家に来ました。

迎える側も、本当に悩みます。
既にアンジェラという先住犬が居て、やっぱりその子を優先しなければ、と思う気持ちがあったこと、そして、マリンが我が家に来て幸せになれるのか、ということなど・・。
色々なことで頭を抱えました。

保護した子を託す側はもっと色んな事を考えると思います。
だって、せっかく救った命ですもん。
絶対に幸せになってもらわなくっちゃ!!!って思って当たり前だと思うんですよね。
そうじゃなきゃ、救った意味が無い!!

だからこそ、Yさんは頭を抱えたのでしょうし。
保護された方の気持ちが分からない方に、託すのは不安ですよね。
だって、それだけの愛情があるって思えないですもん。

Yさんの判断は間違っていないと思います!
保護ニャンちゃんが幸せになること、祈っていますね♪

本当に、お疲れさまでした。


クッキーちゃんもバーディー君も梨もらえてよかったね〜♪
うちの娘っ子たちも梨、大好きだよ〜(*≧m≦*)ププッ
Posted by AMママ at 2009年09月21日 20:58
こんにちはー!
里親さんに無事託すことが出来てよかったですね。
色々思うことはあるし、つらい事もあると思います。
私も痛いほどわかりますよ。
でも、子猫の幸せを思えば当然のことですもんね。
本当にお疲れ様でした。

それから、子猫ちゃんにミルクを与えている写真、
この体勢でミルクをあげると気管にミルクが入ってしまい
窒息してしまう可能性もあります。
子猫にとって自然な方法であげられるように助言をお願いします。
子猫は母猫のお腹に吸い付いてミルクを飲みます。
そのときの姿勢は腹ばい状態です。
仰向けで飲むことはないですので…。
腹ばい状態にしてお顔を上に向けてあげて
飲ませてあげるのが一番自然ですよ♪
Posted by ぱーのすけ at 2009年09月22日 15:14
無事里親さんに渡すことができてよかったですね!

里親さんを探すのも本当に大変なんですね
ひとつの大事な命ですものね

傍らでのんびりと寝ているひなを見ていると涙がでてきます

うちの子も梨大好きです♡
Posted by ゆき・えり at 2009年09月22日 17:25
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1840694

この記事へのトラックバック